あんじゅ ご紹介
治療方針
健康とは?
健康とは

健康とは、心身がすこやかな状態をいいます。
心と身体が元気な方が健康ということです。
でも、身体がしんどいと、気分も塞ぎがちになりますよね。
ということは、
健康はまず、身体が元気であることが第一条件だと思います。
では、身体が元気な方の条件とは、どういうことでしょうか?


当院ではまず、
『扁桃』が充実していて
『胃の気』があり
『瘀血』(おけつ)がなく
自然治癒力(免疫力)がある状態のこと―


これらが揃うことが、身体が元気になる条件と考えています。
当院では、これらの条件を整えることで「治る身体」に導いていきます。

『扁桃』とは?
鼻や口から侵入する異物(細菌やウイルスなど)に対して、防御的機能をもつ咽喉などの免疫臓器のことです。
同時に、異物からの標的になりやすいため、感染臓器にもなるのが特徴です。
身体になんらかの不調があると、まずこの扁桃が反応します。
『胃の気』とは?
鍼灸治療

江戸時代の儒学者、貝原益軒の『養生訓』のなかで、「胃の気は元気の別名なり」というくだりがあります。
脾胃の働き(食物の消化吸収)が良くなれば元気で暮らせる、という意味です。
食物は、まず胃に運ばれて消化吸収し、各器官に栄養を分配し、全身の機能に影響を与えます。
ということは、健康な身体は、まずなによりも『胃の気』を充実させることから始めなければいけません。

『瘀血』とは?

血液の流れが悪くなり、滞りがちな状態をいいます。(『瘀』 とは停滞の意味です)
血液には赤血球(酸素を運びます)、白血球(細菌・ウイルスなどの異物を攻撃します)、血小板(傷口を塞ぎ、止血作用があります)などの大事な役割があります。
『瘀血』のある状態になると、これらの役割が低下し、あらゆる病気の原因になります。
思考力も落ち、モノ忘れも増えます。皮膚にはつやがなくなり、シミやアザができます。筋肉もこわばり、肩こりや筋肉痛の原因になります。


ひどくなると、粘度が高いため、血管が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
血液は栄養を運んでいるので、あらゆる異物(最近やウイルスなど)のエサになり、感染症などの原因となります。
例えば、生理の経血は『瘀血』です。ですから、生理不順の方は『瘀血』による病気になりやすい、ということになります。
血液をサラサラにするということが、いかに大切な事か、おわかりになるでしょう。


ページトップへ