Q&A
Q&A
Q&A
どのような症状の患者さんが通院されていますか?

様々な症状の方が来院されます。
適応症例はこちらをご覧ください。


自然治癒力を高めるのが鍼灸の発想です。
これが高まれば、健康は取り戻せます。
衛生面が気になるのですが、どんな鍼を使うのですか?
鍼治療では日本製(セイリン社)のディスポ製品(使い捨て)を使用します。
鍼は痛くないですか?
例えば、注射針は先が刃物になっていて、皮膚を切って刺すため、血も出て痛みもあります。
これに対し、鍼灸の鍼は髪の毛ぐらいの細さ(0.16~0.18mm)で、先は鋭く尖っています。
鍼を皮膚の細胞間に刺し入れますので、ほとんど痛みはありません。
お灸は熱いのですか?
灸は米粒ぐらいの大きさ(1~2mm)で、確かに熱いです。でも慢性疾患の方などには、その「熱さ」が必要なのです。
熱いのが苦手な方には、間接灸や、台座付きの灸を使います。
診察室
どんなところで治療するのですか?
診察室は個室で、完全個別診療です。
治るのにどれくらい日数が必要ですか?
症状によって千差万別で、一概にはいえないのですが、病気を治すのは、「進んだ距離をもどる」ようなものと考えてください。
長く患っている方と短く患っている方だと、短い方の方が治りが早くなります。ですから、すこしでも早めに治療に取りかかることをお勧めいたします。
実際の治療日数は、患者さんの状態やご意向に応じ、現実的な施術間隔、回数をご提案させていただきます。

ページトップへ