治療内容
療法紹介
長野式治療
長野式治療

当院では『長野式治療』を実践しています。


私たちにはもともと「自然治癒力」というものが備わっています。
ちょっとした擦り傷や風邪なら治ってしまうでしょ。それが「自然治癒力」です。
ところが、慢性的な症状で悩んでいる方はどうでしょう?
そういう方を長野式では「自然治癒力がうまく働けない状態」と考えます。
つまり、慢性的な症状で悩んでいる方は「自然治癒力の働きを阻害する因子がある、もしくはその状態にある」ということです。


具体的には・・・


■免疫力が低下している。もしくは適正ではない。


■咽喉の扁桃の慢性的な炎症が身体の他の部位にて免疫反応を引き起こす。(扁桃病巣感染症)


長野式治療

■自律神経や内分泌(ホルモン)の乱れ


■血液の循環障害(冷え・鬱血・瘀血など)


■筋肉や靭帯などの硬化、緊張、緩み、身体の歪み


■気(生命エネルギー)の不足や停滞で元気が出ない。


などが挙げられます。


これらの「自然治癒力阻害因子」を見出し、長野式処置を用いて、それらを改善、除去して「治る身体」に導きます。
例えば、腰痛なら単に腰に施術するのではなく、腰痛を引き起こしている全身的な背景を捉えて「治る身体」にする、ということです。



ページトップへ